フィギュアスケート

羽生結弦〜陰陽師 (かける君カスタム)

今年最初の『お人形で○○をやってみた』シリーズの第一弾は

羽生結弦の陰陽師です。

今季 [SEIMEI]と名付けられたフリー演技では、

2001年に滝田洋二郎監督、野村萬斎主演で製作された映画「陰陽師」の劇中歌を使用し

平安時代に活躍した陰陽師安倍晴明の世界を再現

NHK杯でショート、フリー合せてのトータルスコアで史上初の300点越え、

それに続く2週間後のGPファイナルでは

自身の持つ世界最高点を再び塗りかえる驚異の点数を叩き出したのはまだ記憶に新しく

この2つの演技は何度見ても鳥肌が立つほど感動します。




今回、羽生君を演じてくれたのはリカちゃんキャッスルオリジナルのかける君(NO.10976)

関節に動きを持たせたかったのでボディはオビツボディに変えています。

狩衣を模したコスチュームは、

録画したフィギュアスケートのシーンを何度も繰り返し見て

苦しみながらもなんとか自力で作りました。


yuzu12-1


ピンと張りつめたような静寂な空気を破るように響きわたる太鼓ともの悲しい笛の音。

見えない敵と戦っているかのごとく右に左にと身をかわし宙を切り裂く指先。

まるで安倍晴明の魂が今まさにこの瞬間

羽生くんの身体に降臨したかのようです。

YUZU10-1

YUZU7-11

yuzu17-1

YUZU18-1

YUZU2-1

YUZU5-1

YUZU9-1

YUZU3-1

YUZU8-1

YUZU6-1

YUZU1-1

YUZU4-1

炎の中から
神社 デコメ絵文字安倍晴明降臨神社 デコメ絵文字

YUZURU


YUZU00


今、マイブームになっているのは

テレビの音声を消したまま

今季ショートプログラムで演じている羽生君の動きに合せて

ピアノでショパンのバラード1番を演奏すること。

あたかも羽生君と共演しているかのようで

一人自己満足の境地に陥ってます。(*^_^*)

ただこのバラード、譜面通りではなく

規定のプログラムの長さに合せてだいぶ端折っているので

映像に合せて弾くのは至難の業ですが.....


羽生結弦君の次なる戦いはボストンで開催される世界選手権。

今後の活躍、とても楽しみにしています。☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


にほんブログ村 コレクションブログ リカちゃんへ

真央ちゃん エキシビジョンより スマイル

MAO ASADA エキシビジョン



mao2014-1


『smile』
 
作詞 作曲 J. Turner, G. Parsons and Charles Chaplin

 訳詞 rikarinn 
  

微笑んでごらん、どんなに辛くても
 
微笑んでごらん、どんなに心折れたとしても
 
曇り空の時だって
 
君ならなんとかやっていけるさ



微笑めば
 
もし恐れや悲しみでいっぱいでも
 
微笑めば きっと明日には
 
君のために太陽が輝きだすよ



喜びに顔を輝かせて
 
すべての悲しみの痕跡を隠そう
 
たとえ涙が今にもこぼれ落ちそうな時でも
 
微笑みを絶やさずにいよう
 
微笑んでごらん、泣いていたって仕方がない
 
もし君が微笑んでいれば
 
人生には生きる価値がまだあるんだっていうことに
 
気がつくだろう


mao2014-2



『この素晴らしき世界』

作詞 作曲  George David Weiss - G. Douglass

 訳詞 rikarinn 
  


僕は見る

木々が緑色であることを

薔薇も赤く色づいていることを

僕や君のために咲く花を見ていると

僕は思うんだ

なんてこの世界は素晴らしいんだろうって



僕は見る

空は青くあることを

 雲が白くあることを

祝福を受けた昼の輝きを 聖なる暗闇の夜を

そして僕は思うんだ

なんてこの世界は素晴らしいんだろうって


七色の虹の色が

空にとても綺麗に

そしてそれは通り過ぎる人々の顔にも降り注いでいる

ごきげんようって言いながら

友達が握手を交わしてる

でも実はそれは『I love you』って言ってることなんだよ



赤ちゃんが泣いているのを耳にしながら

彼らの成長を見守っている

彼らは僕が学んだことよりもずっとたくさんのことを

学んで行くことだろう

そして僕は思うんだ

なんて素晴らしい世界なんだって



そう僕はこう思うんだ

なんて素晴らしい世界なんだって



mao2014-3

 


私は今までこんなに感動したオリンピックはありませんでした。

2014年ソチオリンピック.........

失意のどん底から這い上がり

会心の演技で世界中の人々を感動の渦に巻き込んだ真央ちゃん。 

女子フィギュアスケートの映像を何度見ても、涙が伝わってきます。

ソチの演技は真央ちゃんの人生 そのもの。

金メダルよりも、もっと輝くメダルがあることを

初めて知りました。

smile2-5


フィギュアスケートが、もはや純粋にアスリート同士の闘いではなく

国の威信をかけた争いとなっていった今

若い真央ちゃんが背負ったプレッシャーは

計りしれないものだったに違いありません。

でも、真央ちゃんはいつでも

自分の気持に正直に、誠実に向き合っていきました。

どんな状況に陥っても

誰のせいにすることもなく、いつも自分が今できることを

精一杯頑張って来ました。

mao2014




 全てを出し切って晴れ晴れとした表情で登場した

エキシビジョンの『SMILE 』。

どんな時でも微笑みを絶やさずにいたら

きっと明日が見えて来るよと

私たちの心に語りかけてくれました。

私も真央ちゃんのように

いつでも笑顔を絶やさないでいられるようにしたいです。

mao2014-4



My Precious Dolls書庫その4 (フィギュアスケート編2真央ちゃん)動画あり


来年2014年は冬季五輪の年。

先日、ソチに向けて浅田真央ちゃんのプログラムが発表されました。

ショートプログラムではショパンの『ノクターン』

フリーではラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』

どちらも大好きな曲なので、とっても楽しみです。


mao1



浅田真央ちゃんと言えば、真央ちゃん扮するベッツィちゃんも

以前スライドショーにしたことがありました。

トリノの選考時には真央ちゃんはまだ14歳。

五輪前年の6月30日までに15歳という年齢制限にわずか87日足りず

代表選手の資格を獲得できませんでした。

でも2005年から2006年にかけての

『くるみ割り人形』の可愛らしいプログラムがとても好きで

その当時、こんな真央ちゃんのスライドショーを作って遊んでいました。

これは荒川選手のスライドショーを作る以前のもので

スライドショーの知識自体もほとんどなかったので

駒送りにする写真のカット数も少なく

手間隙をかけていない分、迫力にかけますが

まだあどけない仕草の真央ちゃんらしさが出ていればいいなと思います。

今ではあまり見られなくなった片手ビールマンスピンも見られます。


真央ちゃんの『くるみ割り人形』のスライドショーは
こちらからです。

(音楽が流れますので音量に注意してください)


mao2


 

真央ちゃん、まだレゴ集めているのかなぁ........


mao3
 

My Precious Dolls 書庫その3(フィギュアスケート編1)動画あり

本館サイト『My precious dolls』では、

8インチのMAちゃんやベッツィちゃん達に

いろいろなコスチュームを着させて、 

ある時は童話や映画のヒーローやヒロインへ

またある時はスポーツ選手や歌手へと変身させてきました。

おもちゃのコンパクトを片手に『テクマクマヤコン  テクマクマヤコン』って

おまじないを唱えたひみつのアッコちゃんごっこ以来

私の変身願望はずっと続いています。 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ


来年2014年にはソチで冬季オリンピックが開催されますが

2006年のトリノのオリンピックの女子フィギュアスケートで

日本人初のゴールドメダルを獲得した荒川静香選手へのトリビュートとして

同年3月のトップページでは

タィニーベッツィちゃんに『トゥーランドット』を演技してもらいました。

なかなか身体の固いベッツィちゃんですが 

あのイナバウワーにも、なんとか挑戦してもらいました。




arakawa1



arakawa2




私にとってこんなに長いスライドショーを駆使したページ作りは初めてで

ビデオに撮った荒川さんの演技を何十回も観ながら

1枚1枚コマ送りのようにお人形にポーズをつけて写真を撮り、

音楽に合わせるように編集しました。

本当にお人形が氷の上を滑っているように画像を加工するのは

とても地道で大変な作業でしたが

時間をかけた分、我ながらスピード感溢れる画像ができたと自負しています。



ブログでのスライドショーの再生はいろいろ制限がありますので

スライドショーは
こちらからご覧下さい。

音楽が流れますのでボリュームに気をつけてください

フィギュアスケートを題材にしたスライドショーは

浅田真央ちゃんバージョンもありました。

それはまた次回に.......







*Profile*
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ