絵画展

マリー・アントワネット展に行ってきました


激動の時代に、波乱に満ちた人生を歩んだフランス王妃マリー・アントワネット。

彼女が暮らしたヴェルサイユ宮殿の企画・監修のもと

彼女が残した数々の美術品や資料を通して

彼女の華麗で悲しくも儚い一生をたどる展示会が

六本木の森アーツセンタ−ギャラリーで開催されています。

あらかじめ前売り券を買っていたので

あまり混雑することなくゲートをくぐることができましたが

当日券を求めて並ぶ人の列に唖然.......

まだ開場前なのに、長蛇の列。

マリー・アントワネットへの関心の高さを

改めて感じました。


ant02

                   会場のポスター前にてリカちゃんと記念撮影



会場となる森アーツセンタ−ギャラリーは

六本木ヒルズ森タワーのなんと地上52階。

そんなことはつゆ知らず、

案内に従って乗ったエレベーターの階数表示が

10階......20階......30階......と増えていくのにつれて

私の心臓は恐怖でバクバク.........

このエレベーター、どこまで上がるんだろう。

まさかチャーリーとチョコレート工場のように

このまま天井を突き破って外に飛び出したりしないよね........


地上52階からの景色ってこんな感じです。

ant03


この展示で一番楽しみにしていたのは音声ガイド。

オフィシャルサポーターの木村佳乃さんのナビゲーターに

マリーアントワネット役の 花總まりさん、

フェルセン役の平川大輔さんが加わり

宮廷の華やかな音楽が流れる中、

マリー・アントワネットがお輿入れをした時の言葉や

母親マリア・テレジアに向けた子育ての喜びと悩みなどが語られます。


b_ornament_31_0M



ANT04

『フランス王妃 マリー・アントワネット』1785年油彩

                      エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランと工房



音声ガイドの最初はハイドンの交響曲第85番

アントワネットのお気に入りの曲と伝えられ「王妃」と呼ばれる交響曲です。

華やかなマリー・アントワネットの時代を体験すべく

まずはこの曲を聞きながら入場してくださいと案内の人に言われ

音声ガイドのボタンを押そうと会場内を一歩進むと、

なぜか急に涙がこぼれてきてしまいました。


悲しいとか、嬉しいとか、そういう感情は全くなかったのですが

無意識のうちに涙が頬を伝わり

それがとめどもなく流れてきて、戸惑ってしまいました。

マリーの気持ちにリンクしてしまったのか、

それとも高層階での気圧の問題だったのかわかりませんが

溢れる涙を拭おうとしているうちに

肝心のプロローグの楽曲を聞き逃してしまいました。

ちなみにプロローグの曲はこちら。

華麗で気品のあるシンフォニーです。




この不思議な涙の現象を

一緒に行った主人に帰宅してから言うと

主人は、会場内にたびたび流れる

気分の悪くなった方は申し出てくださいというアナウンスが

気になっていたと言っていました。

私はずっと音声ガイドのイヤホンを付けていたので、そのアナウンスには気がつきませんでしたが

通常の展示会ではこんなアナウンスが流れることはほとんどないのに

何か違和感を感じたそうですが......


b_ornament_31_0M



わずか14歳で政治の道具となるべく政略結婚させられ

異国の地へと嫁いだマリー・アントワネットは

小さいころから音楽に親しみ、

シェーンブルン宮殿で優れた音楽家によりチェンバロの手ほどきを受けていたそうです。

チェンバロの演奏は当時、貴婦人のたしなみとまで言われていました。

この絵が描かれたすぐ後でフランスへと嫁いで行ったのです。

ant5

『チェンバロを弾くオーストリア皇女 マリー・アントワネット』1769〜1770年頃油彩

                      フランツクサーヴァーヴァーゲンシェーン


音声ガイドで流された曲に、クルムフォルツ作曲の

『ハープの為の6つのソナタ』という曲がありました。

お抱え作曲家が王妃の親しかったランバル公爵夫人に献呈した曲です。

マリー・アントワネットの寵愛を受け

女官長に任命されるも

ポリニャック伯爵夫人にマリー・アントワネットの寵愛が移ると

一度は宮廷を去ったランバル公爵夫人。

しかし革命勃発後は身の安全が確保されていた亡命先のロンドンから

マリー・アントワネットの身を案じ

自ら危険を顧みず、女官としてパリのテュイルリー宮殿へかけつけました。

革命時の貴族狩りにて民衆に虐殺されてしましたが

彼女の慈悲深く博愛に満ちた人柄を表すような

優しくゆったりとした楽曲は

私まで幸せな気持ちにさせてくれました。





b_ornament_31_0M


会場では、マリー・アントワネットの肖像画はもちろん

愛用していた食器や漆器類、家具や壁飾り、衣裳など

貴重な資料約200点あまりが展示されていましたが

(会場内は写真撮影不可)

中でも目を惹いたのが母マリア・テレジアの影響で

パリの美術市場で買い集めたという

日本の漆器の数々。

伊万里焼のような装飾を施された素晴らしい工芸品に

魅了されていただなんて.....

私の祖父が蒔絵師だったこともあって

なんだかマリー・アントワネットがとても身近に感じました。

b_ornament_31_0M


この展示会で最大の見所は

ヴェルサイユ宮殿の中庭に面した

マリー・アントワネットのプライベートな空間であった

『プチ・アパルトマン』の再現。

王妃が実際に使っていた家具や浴槽などが原寸大で展示されていたのは

とても興味深いものがありました。

ヴェルサイユ宮殿以外でこの規模の再現がなされることは

史上初の試みだそうです。

こちらの居間は会場内で唯一撮影が許された場所です。


ant6


この部屋で彼女は何を考え、誰を想っていたのでしょう。

洗練された壁の装飾や家具、色調など

全て彼女の趣味を色濃く映し出されたこの空間にいると

まるで時空を超えるような不思議な気持ちを味わえました。



collageant


b_ornament_31_0M



ant7

『白いペチコートに青いルダンゴト・ドレスを羽織って座るマリー・アントワネット』
                              1788年 油彩


                      エリザベト=ーズィジェ
・ルブラン


作者のエリザベト=ルィーズ・ヴィジェ・ル・ブランは

18世紀における最も有名な女流画家で

マリー・アントワネットとは

親友とも言える仲だったと言われています。

会場には彼女の自画像も展示されていましたが

とっても愛らしい顔立ちで優しい眼差しの女性でした。

退屈で窮屈な宮廷生活の中で

同年代の女性同士、画家と王妃という垣根を超えて

2人はどんな会話を交わしていたのでしょうか。


b_ornament_31_0M


会場内でひときわ目を惹いたものが

スウェーデン貴族フェルセンとの間で交わされた恋文の公開。

そのほとんどがあぶり出し用の無色インクや暗号で書かれていました。

池田理代子さんの描いたベルばらのフェルセンの姿を思い浮かべながら

愛する人を想う少女のようなマリーの気持ちに思いを馳せました。


会場を進むにつれて

私の心は暗く重くなりました。

マリー・アントワネットの最期の時が近づいてきたからです。

彼女に向けられた誹謗中傷の嵐の中、

数々の偽証によって有罪判決を受け

ギロチン送りに課せられたマリー・アントワネット。

豊かなブロンドの巻き毛の髪の毛は

無惨にも短く借り上げられ

着ていた衣服や靴はとても粗末なものでしたが

『犯罪者にとって死刑は恥ずべきものですが

無実の罪で断頭台に送られるなら恥ずべきものではない』と

ルイ16世の妹エリザベートに宛てた遺書にも書いているように

彼女は最期まで王妃としての威厳や気品を失う事はありませんでした。


王妃として、母として、そして女性として

波乱の一生を送ったマリー・アントワネット。

彼女は人として未熟なまま王妃となったために

王妃という任務を完璧にこなすことはできませんでしたが

彼女の純粋無垢で天真爛漫な性格と

最期までぶれずに自分の心に率直に生きた人間像が

今でもこうして人々を魅了し続けているのでしょう。

b_ornament_31_0M


会場ではマリー・アントワネットに関するおみやげが

たくさん売られていました。

ブルボン調の優雅な雰囲気を味わいたいと思って

いくつか購入してきました。

と言っても、売店の中は会場内よりもごった返ししていて

まるで押すな、押すなの満員電車の中に入るようで

いろいろと商品を選んで吟味できる余裕もないくらいでした。



こちらは会場内で販売されていたマット付き額絵のうちの1枚で

『王太子妃マリー・アントワネット』1770年

フランスの宮廷に到着して間もない頃のマリー・アントワネット。

初々しい姿がとても清楚で可愛らしい。

早速、近所の画材店で気に入った額を購入し額装していただきました。


ant11




b_ornament_31_0M



こちらは『王妃マリー・アントワネット』1778年

フランス王妃として即位してから数年後のマリー・アントワネットです。

髪をアップして王妃としての気品に溢れています。

こちらはポストカードで、

会場内で販売されていた額を入れて飾りました。

周りにいるお人形はビスク教室で作ったマリー・アントワネットの

メガネ入れとランプシェードです。


ant10



b_ornament_31_0M



そしてこちらは『フランス王妃 マリー・アントワネット』1785年

額縁に絵がセットされて会場で販売されていました。

華やかなドレスに身を包んでいたわずか数年後に

あのような悲劇が自分の身に起こることなど

まだ知る由もありませんでした。


ant12



b_ornament_31_0M


売店が混雑していた上に

額縁や絵がかなりかさばってしまい

あまり時間をかけておみやげを選ぶことは出来ませんでしたが

プチおみやげも買ってきました。


collageant2




まずは森永ビスケット マリー

マリー・アントワネットの絵を仕様した会場限定のパッケージになっています。

昔からあるこのビスケットの名前の由来は

マリー・アントワネットに由来していて

ビスケットの周りの模様は

マリー・アントワネットの家紋を表現していると言われています。

その下は会場で展示されていたマリー・アントワネットの絵の

ブックマーカーセット

あめやえいたろうの『Sweet Lip』ラズベリー味。

グロスリップのようなみつあめで可愛い!


そしてマリー・アントワネットと言えば

池田理代子のベルばらのメモ帳

もったいなくて絶対使えない〜〜。

b_ornament_31_0M


今回のマリー・アントワネット展は

2013年に開催された『マリー・アントワネット物語展』とは違って

華やかなドレスやウィッグの展示もないし

ほとんどの写真撮影はNGだったので

乙女心を揺さぶるようなトキメキはあまり感じられませんでしたが

時代の激しい嵐に翻弄され

儚くも気高く散っていったフランスの王妃の生涯を

垣間みることのできた貴重な体験となりました。


マリー・アントワネット展は今月26日まで

森アーツセンタ−ギャラリーにて開催中。


この後、青山のファーマーズマーケットに行きました。

その様子は次回の更新時に綴ります。







高橋真琴の原画展と時代まつり


11月14日から佐倉市立美術館で始まった

『高橋真琴の原画展〜佐倉で描かれた少女たち』に行ってきました。

makoto1


ブロンドの長い巻き毛にきらきらと瞳を輝かせ、

白いレースやリボンの施されたドレスを着て

色とりどりの花が咲き乱れる庭園で

静かに微笑む高橋真琴さんの少女の華麗で繊細なイラストは

いつの時代も女の子の夢と憧れでした。

筆箱に色鉛筆、自由帳や下敷きにハンカチ.......

小学生の頃の私の持ち物のほとんどは

高橋真琴さんのグッズで揃えていました。


私の住んでいる市に隣接している佐倉市在住の作家さんだけに

高橋真琴さんが描いた少女画のポスターは

ことあるごとに街や駅でもよく目にするのですが

どんなに急いでいても真琴さんのポスターを見ると

ついうっとり.......足を止めて見入ってしまいます。


佐倉市上志津のアトリエの庭に設けられた真琴画廊や

東京の展示会にも何度かお邪魔したことがありますが

私にとっては決して手の届かない神様のような存在なのに

気さくにお声をかけてくださって

その優しい気遣いとお人柄が

そのまま作品に表れているように感じました。

macoto2



今回のこの
『高橋真琴の原画展」では

初期の原画から近年の大作まで約300点もの原画を展示し、

真琴さんの60年にわたる真琴ワールドを一堂に紹介した

とても見応えのある展示会です。


macoto10



今回の原画展のポスターになった『水辺のユートピア』。

ポスターでは何度も目にしましたが

やはり原画の色と質感はポスターではなかなか表現できないものです。

水辺の緑の木々と、少女のベルベッドの深いグリーンのお洋服がとても印象的。

ブロンドの流れるような髪に

とっても映えるグリーンです。

このお洋服は数年前に真琴さんの個展で遭遇した女の子が

着ていたお洋服をイメージしたものだとか.....。

豊かな緑の森の水辺に小鳥たちが集まる憩いの場所、

まさに水辺のユートピア....

いつまでも眺めていたい、そんな原画でした。



会場では原画の他、

今まで描かれた少女雑誌やマンガの口絵、

文房具の数々も展示されていたのですが

まるでタイムスリップしたように

真琴グッズに囲まれていた子供時代が蘇ったような

懐かしさでいっぱいになりました。

真琴さんのイラストは、ただ眺めているだけで

とっても幸せになります。


会場の一角には高橋真琴さんのデザイン画を元に

地元千葉県立佐倉東高等学校服飾デザイン科の卒業生が制作された

可愛らしいピンクのドレスが展示されていました。

できるだけ原画のイメージを再現しようと

ドレス生地の質感やレースのデザイン、パフスリーブのボリューム感など

細部にまでこだわった力作に思わず見とれてしまいました。


又、会場内では2011年に行われたライブペインティングのDVDが流されていたので

その様子をじっくり拝見していたら

筆を持ち解説されている真琴さんのまわりを

ずらっと取り囲む来場者の中にお友達のhirokoちゃんを発見!

真琴さんの手元を見つめる彼女のおめめは

イラストの少女のようにキラキラしていました。

ライブペインティングの様子は彼女のブログでもご紹介されています。


『MACOTOPIA~高橋真琴 喜寿記念画集 出版記念展』


会場内は撮影禁止でしたが

こちらのスペースは撮影コーナーになっており

作品『サモワール』の少女と一緒に

白い椅子に座ってお茶会の気分で写真を撮ることができました。

macoto3



ミュージアムショップでは

たくさんの真琴さんの書籍やグッズが販売されていました。

本はたくさん持っているので、

今回はファイルケースと絵葉書を自分用に買ってきました。

macoto4


macoto5

真琴さんのイラストの少女のほとんどが正面を向いているのには

作品を見た人が嬉しい時には

イラストの少女も喜んでいるように、

悲しい時は少女が励ましてくれるように、

イラストの少女と正面から向き合い

共に語り合えるようにという想いからだそうです。


家族には真琴さんの描く絵のバラをイメージとして作られたお菓子を

買ってきました。


macotp6


真琴さんのイラストが描かれたお菓子(4個入り)

バラのフィナンシェ フランポワーズ、ポストカード付き。

バラの形のマドレーヌもパッケージもどちらも

とっても可愛い!!


 
macoto11


実はこのお菓子をお皿に並べて、

紅茶を入れようとお湯をわかしている最中に

バニラ味のだけネコのチャッピーに食べられてしまいびっくり!!

(残りの3つはちゃんと家族用に手をつけないで残してありました。)

チャッピーは育ちがいいので(><)

今までは決してテーブルの上に乗って人様の食べ物を食べたことがなかったので

私も油断しきってました。

チャッピーもこのお菓子の可愛らしさの誘惑に勝てなかったのでしょうか....

我が家は3人家族プラス1匹

そしてお菓子は4つ入り。

家族へのおみやげに....って買ってきたから

チャッピーも家族として食べる権利はあるのでしょうが.....(><)

よりによって私の一番好きなバニラ味を......トホホ 

macoto7


こちらでは原画は販売されていませんでしたが

現代における最新技術を駆使し

原画に限りなく近い複製が作れるジグレーという印刷技術で作られた

ポスターが額に納められて販売されていました。

通常のポスター印刷と比べるとその差は歴然。

真琴さんの原画はなかなか手に入りませんが

これだったら私のお小遣いでも手が届きそうです。

会期は12月23日まで。

それまでにもう一度行ってみようと思います。



『高橋真琴の原画展ー佐倉で描かれた少女たち』

2015年11月14日(土)〜12月23日(水) 10時−18時

佐倉市立美術館(千葉県佐倉市新町210 TEL043-485-7851)



美術館のあとは佐倉の街並を散策。

ちょうどこの日は

佐倉・城下町400年記念のイベント

『第17回 時代まつり』開催の日でした。

この麗しき姫君のポスターも高橋真琴さんが手がけたものです。

macoto9


400年前、領主土井利勝が治めていたこの地に佐倉城が築かれ、

武家屋敷や町家が点在し、

佐倉藩十一万石の城下町として栄えました。

現在でも町のあちこちに当時をしのばせる

古い建物や史跡が残っています。


この時代まつりは江戸時代の風情が残る新町通りを中心に

武士、姫君、町人、商人、町娘などが行き交い

江戸時代の賑やかな町の様子を再現するお祭りで

今年で17回目となります。

11月14日(土)に行われる予定でしたが、雨天順延となり

翌日の15日(日)に行われました。

町のあちこちで江戸時代から続く日本の伝統芸や演武

捕物寸劇、大道芸などが繰り広げられました。

子供に人気の手裏剣道場や忍者変身処、

軽妙な口上の南京玉すだれやガマの油売り、

迫力のある鷹匠ショーなど

まるで江戸時代にワープしたかのようです。



c39ab943-a581-4f9e-866d-347d344714f3wallpaper




37ab6283-71af-4614-acc1-1a164dbfebecwallpaper





e60b5150-3d04-45ad-bb56-38433c8302fcwallpaper




e9d18aa9-2e53-4c45-8c2d-52d9fd65d84cwallpaper


真琴さんの夢のようなロマッチックな世界と

江戸時代の賑やかな町の様子を垣間みることができて

とても楽しい晩秋の一日でした。



異界へのいざない〜妖怪大集合


毎年8月下旬から9月にかけてはイベントの準備や出演で忙しく 

ネットもほとんど出来ないほど追いつめられるのですが

先週ようやくそのイベントも無事終了し、

いつもの生活に戻りつつあります。
 

綴りたい夏のおでかけ編がもうちょっとあったのですが

ちょっと時期はずれな感も否めず

お蔵入りしようかと思いつつも

個人的にお出かけの記録として残しておきます。

しかし...............

お人形の話題ではないので、苦手な方はスルーしてくださいね。





リカちゃんキャッスルの後に

本来であればこちらがメインだった場所へ行きました。

リカちゃんキャッスルに長居してしまったために

閉館時間を気にしての来館でした。



茨城県天心記念五浦美術館の企画展

異界へのいざない〜妖怪大集合


P1050962



古来から伝わる『妖怪』をテーマとした浮世絵や水木しげる氏の妖怪画などを中心に

日本人にとって妖怪が今日まで身近な存在であり続ける意味をさぐるという

大変興味ある内容の展示会です。



『妖怪』と聞くと、苦手な方も多いとは思いますが

私も主人もこの手の話が大好きです。

小さい頃から都会で育った私は

夜間にも真っ暗闇になることはなく

『漆黒の闇』というものも想像できず

田舎で自由気ままに生きる妖怪にとても憧れ

プラモデルで妖怪やジオラマを作って遊んでいました。

youkai


日本人にとって妖怪は古くから付き合いがありました。

同じ化け物として恐れられている幽霊や怨霊と違って

妖怪は怖いながらもどこかユーモラスで

人間の悪い行いを戒めるために存在する

先人の知恵のような役割を持っているような気がします。

例えば、妖怪あかなめ

いつもお風呂場を綺麗に掃除しておかないと

あかなめさんが出て来るよと

よく祖母が話していましたし

川で遊んでいると河童にさらわれるから

むやみに近づいてはいけないとも言われました。


父が、さも今遭遇してきたかのように話してくれたのっぺらぼうの話は

怖いながらもとても面白くて

その内容がわかっていながらも

何度も何度も話してくれるようにせがみました。


当時は夜9時すぎになると、消防自動車が火の用心のために

『白鳥の湖』の音楽を流しながら家の前を通るのですが

おそらく、遅くまで起きている子は妖怪にさらわれるよ

母から言われたのかも知れないのですが

消防自動車の夜回りの物悲しい旋律がいつしか怖い音楽に聞こえ、

その姿を見ると祟られると言われている片輪車の妖怪のイメージと重なり

毎晩消防自動車が家の前を通るたびに

怖くてしっかり目をつむって布団の中で震えていた記憶があります。





美術館では写真撮影はできないので

展示物のご紹介はできませんが

江戸時代に描かれた数々の妖怪の浮世絵はとても迫力があり

活き活きと描かれていました。

水木しげる氏の描く妖怪画に大きく影響を与えたと言われている

鳥山石燕の『画図百鬼夜行』も展示されていて

妖怪好きにはたまらないイベントでした。



会場で唯一、写真撮影が許可されたブースは

映画『妖怪大戦争』の撮影用のジオラマが特別に展示された場所でした。


youk



古い民家に息衝くおどろおどろした妖怪たち。

作りものとはわかっていながらも

今にも動き出しそうな迫力に思わず足がすくみます。

ここでは夜の『妖怪ツアー』なるイベントの催しもあったようです。

ただし、小学生対象とのことで残念でした......


いつか境港の水木しげる記念館に行ってみたいなぁ.....



おまけ

kitarou2
(ベッツィちゃんのウィッグを逆さまにかぶせたら

鬼太郎になっちゃったの図)

ちなみに背景の神社は、

息子が夏休みの工作の宿題で作った貯金箱を拝借



kasaobake2
(バレエのアラベスクでバランスの取り方のコツを

傘おばけから教えてもらっているベッツィちゃん)




youkai3

妖怪の小豆洗いにお米を研がそうとしているちゃっかりベッツィちゃん)
 

ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア



3月のとある日、渋谷のBunkamuraで開催されている
 
会期 2013年3月9日(土)〜4月21日(日)

ルーベンスはバロック時代のフランドルの画家で

私の大好きな画家の一人です。

8年間のイタリア滞在を終えてアントワープへ戻って来た彼はそこで

大規模な工房を作り多くの弟子を従えて数多くの傑作を世に排出してきました。

日本では『フランダースの犬』の主人公ネロが

アントワープ大聖堂で最期に観た

『キリストの昇架』『キリストの降架』の作者として

思い浮かべる方も多いでしょう。

今回の展覧会ではこの2作の展示はありませんでしたが、
 
『キリストの降架』の版画作品が展示されています。


この写真は

2002年12月のMy precious dollsのHPのTop画像用に撮った

思い出の写真です。

nelofinal020


また、以前から観てみたかった『眠る二人の子供』の絵の展示があると聞いて

とても楽しみにしていました。




会場に入った途端行く手を遮るような大きな絵に圧倒。

『ロムルスとレムスの発見』

P1030294


210センチ×212センチの大きなキャンバスに描かれたこの絵は

今回の展示会の目玉だけあって、とても迫力のあるものでした。

古代ローマの建国神話を現したこの絵画は

何度か美術本やTVなどの画像で目にしたことがありましたが

実際目にした色彩は今まで観てきて脳にインプットされてきた色彩とは

あまりに違っていて、ショックを受けました。

二人の子供の肌が透けるように美しく

その下に流れる青い血管が薄く浮き出ていて

それがさらに子供達の純粋な肌の色を白く際立たせているのです。

まるで小さな心臓が動いているかのように

体温の暖かさまでも感じることができます。

他の絵も素晴らしかったのですが、この絵の印象が凄くて

あと少しで出口というところで

もう一度戻ってこの絵をじっくり堪能して帰りました。


P1030286


展覧会の図録だったら、絵のとおりの素敵な写真が映ってるのではと思い

期待しながら分厚い図録を買って来ましたが

あの透き通るような肌の再現はできていませんでした。

やはり生の絵画の色彩は写真では表す事ができないものですね。


P1030287_2


『眠る二人の子供』は想像していたよりも小さな絵でした。

真っ赤に見えるほっぺが実際の絵ではより鮮明な赤で

顔を上気させながらぐっすり寝入っている様子がとても微笑ましかったです。



会場には展覧会のグッズにまじって

「フランダースの犬」のグッズも数多くありました。

眠る子供のファイルケースがあったのは嬉しかったです。

P1030292


ただ、私はあまりにも可哀想な結末の「フランダースの犬」がどうしても好きにはなれず

グッズを買う事はしませんでした。

「フランダースの犬」はイギリスの
ルイズ・ド・ラ・ラメー(1839-1908)という

女流作家が書いた児童文学書です。

確かに物語としては最後に主人公が死んでしまった方が作品としては感動的でしょう。

私も原作を読み、そしてアニメ「フランダースの犬」を観て

声が枯れるほど泣きました。

あのアニメの最後は「死」というものを

『ネロとパトラッシュは、お爺さんやお母さんのいる遠いお国へゆきました。

もう、これからが、寒い事も、悲しいことも、お腹のすくこともなく、

みんな一緒に、いつまでも楽しく暮らすことでしょう』と結んでいます。

死んでしまうことが悲しいことではなくてそんなに素晴らしいことなのか、

大人になった今でも私にはわかりません。

ネロには生きていて欲しかった。

そしてルーベンスも超える立派な画家になって欲しかったです。

*Profile*
記事検索
月別アーカイブ
最新コメント
Twitter プロフィール
私の好きなこと、やりたかったことを私の代わりにお人形にやってもらってます。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ